CATEGORY

携帯・ネット料金

通信費を節約する方法5選!「格安スマホ」乗り換えの他に何がある?

「そんなに使っているわけでもないのに通信費が月々10,000円を超えちゃう・・・」

「通信費が高いと思っているのに結局何もできていない」

通信費というと、スマホ、WiFi、固定回線などが挙げられます。

毎月の通信費は支払わなければいけない生活費の一部です。

固定費の見直しをすることは、生活費を抑える上で大変重要です。

今回紹介する5つの節約方法で、簡単に月々の通信費を安く、節約できるのです。

月々の通信費が高くて困っちゃうわ・・・。もっと安くする方法はないのかしら。
月々の通信費は簡単に安くできるよ!通信費を節約したいと感じたら、すぐに今回紹介する方法を実践してみよう!

通信費を節約するためには

通信 スマホ

はじめに簡潔にお伝えすると、「格安スマホ」に乗り換え、固定回線を引かずに「WiMAX」のポケットWiFiを利用することによって格段に通信費を節約できます。

近年のインターネット普及によって、通信費が増加しているというデータが総務省統計局の調査で明らかになりました。

 平成元年平成30年
携帯電話・スマホ10,508円
固定電話6,198円1,782円

この料金をみて、「毎月の通信費が高すぎる・・・」と感じた方、以下の5つの節約術を実践してみましょう。

節約方法①格安SIMでスマホ代を節約

スマホ 格安 イラスト

ひとつめは、三大キャリアから「格安SIM」に乗り換えるという通信費節約方法です。

格安SIMとは?

格安SIMとは、格段に安く利用できるSIMカードのことを指します。

大手の三大キャリアのスマホを解約して、格安SIMに切り替えるだけで毎月約5,000円程度の通信費を節約することが可能です。

格安SIMでスマホを契約する方法

格安SIMでスマホを契約する方法は、以下のとおりです。

  1. MNP予約番号を取る
  2. 格安SIMを購入する
  3. MNP転入申し込み後、SIMカードを端末にセットする
MNP予約番号とは、他社へスマホ乗り換えするときに必要な10ケタの番号のことだよ。この番号がないと電話番号の引き継ぎができないんだ。

MNP予約番号の取り方はキャリアによって異なるので確認してください。

  docomoauソフトバンク
電話電話番号ドコモ携帯「151」
その他「0120-800-000」
共通電話番号「0077-75470」ソフトバンク携帯「*5533」
その他「0800-100-553」
営業時間9:00~20:009:00~20:009:00~20:00
WEBログイン画面My docomoMy auMy SoftBank
営業時間24時間可能9:00~20:0024時間可能
店頭
各店舗各店舗各店舗

また、キャリア別に以下のような手数料がかかります。

 docomoauソフトバンク
MNP転出手数料2,000円3,000円
新規事務手数料3,000円
契約解除料9,500円

しかし、格安SIMに乗り換えることによって年間をとおして格段に通信費を節約することができるので、手数料は初期投資のように考えてよいでしょう。

また、三大キャリアを2年契約で利用している際、契約更新月(例:利用開始後24ヶ月目)に手続きを行うと契約解除料がかからないので、自身の契約更新月を確認してみましょう。

現在利用しているスマホの端末が既に購入したものである場合、格安のSIMカードを購入し差し込むだけで乗り換え完了です。
格安SIMに乗り換えると共に、スマホの端末も変更したいという方は以下をご覧ください。

  1. MNP予約番号を取る
  2. SIMフリーのスマホを安く手に入れる
  3. 格安SIMを購入する
  4. MNP転入申し込み後、SIMカードを端末にセットする

おおむね乗り換えの方法は同じですが、ひとつ大きく変わるのは、SIMフリーのスマホを安く手に入れなければいけないという点です。

スマホを探す際は、SIMロックがかかっていないスマホにしましょう。

SIMロック他社のSIMカードを挿せないスマホ端末
SIMフリーSIMロックがかかっていないスマホ端末
SIMロックとは、大手三大キャリアが他社へ流通させないために、自社のSIMカードしか挿せないようにロックしていること。ロック解除するためには手数料がかかるんだ。

現在、SIMフリーのスマホ端末は新品でも以下のような場所で5,000円前後から販売しています。

  • 携帯メーカー
  • 家電量販店
  • 通販サイト
  • Apple Store(iPhone)

料金をよりおさえたいという方は中古品もおすすめです。

[itemlink post_id=”10072″]
調べてたら「新中古品」っていう言葉も出てきたのだけど、これはどういう意味なのかしら?
新中古品とは、一度箱を開けたけれど端末本体は使用していない、全く未使用だけど少し傷がついているなどといった、新品に近い中古品のことだよ。

最もおすすめな格安SIMはY!mobile

Y!mobile ロゴ
最も料金が安くおすすめである格安SIMは、Y!mobileです。

格安SIMを提供している数ある会社の中でも最安で、かつ通信回線の速度も速いと評判です。

Y!mobile 格安SIM 格安スマホ 料金

通信量によって料金も展開されているので、どのような方でも利用しやすいという特徴があります。

Y!mobileの口コミサイトはこちら
Y!mobileの公式サイトはこちら

格安SIMのメリット

ここまで格安SIMの乗り換えの方法をお伝えしてきました。

格安SIMに切り替える最大のメリットは、やはり安さです。

格安SIMは、大手の三大キャリアから通信サービスを安く仕入れ、人件費などのコストをなるべく削り、私たちに提供しています。

大手の三大キャリアを利用した場合、月々のスマホ料金は7,000円~10,000円ほどです。

一方、格安SIMを利用すると月々のスマホ料金は1,000円代から利用できます。

月間で5,000円、年間で60,000円も通信費を節約することができるね!

格安SIMのデメリット

料金が格安というメリットがある反面、以下のようなデメリットも多数存在します。

  • 大手の安心感がない
  • サポートが手厚くない
  • 大手の三大キャリアと比較して契約が簡単ではない
  • 通信の回線が遅くなることがある

格安SIMはサポートが手厚くないというデメリットが挙げられますが、電話やメール、チャットのサポートは存在します。

また、三大キャリアは全国に展開されておりお店に行けば簡単に契約できますが、格安SIMはそのようにはいきません。

手順はそれほど難しくはないですが、基本的に契約は自分でネットから行わなければいけません。

さらに、通信の回線に関しても時間帯によっては、三大キャリアと比較しどうしても遅いと感じることもあるでしょう。

しかし、利用していく上では支障のない程度ですので、メリット・デメリットを理解した上で契約を検討してみてください。

 大手三大キャリア格安SIM
料金×(料金が高い)◎(料金が格安)
サポート◎(サポートが手厚い)×(サポートが弱い)
通信回線◎(通信の回線は比較的速い)〇(通信の回線が遅い時間帯もある)

格安SIMに乗り換えるときの注意点

スマホ 注意

格安SIMに乗り換えるときに注意すべき点を紹介します。

1ヶ月でデータ通信量をどれほど利用しているか把握する

まず、自分が1ヶ月にどれほどの通信量を利用しているかを把握しましょう。

「毎月7GB利用しているにもかかわらず、安さに惹かれ3GBプランを契約してしまった」

「通信速度にかかってしまい追加で1GB購入しなければいけなくなった」

把握せずに安易に契約してしまうと、上記のように後々追加で料金を支払うこととなり、格安SIMのメリットである「安さ」を生かせなくなってしまいます。

自分の利用していた通信量にあったプランを契約しましょう。

1ヶ月で通話をどれほどしているか把握する

通信量のほかにも、通話をどれほどしているか把握しましょう。

把握することによって、自分の利用量にあった通話プランを契約することができ、通信費節約に一歩近づきます。

一度契約したスマホのプランは見直す機会があまりないので、格安SIMに乗り換えるタイミングで一度見直してみてはいかがでしょうか。

節約方法②通信費を安くするならWiMAXがおすすめ

ふたつめの通信費節約方法として、WiMAXのWiFiを紹介します。

固定回線を引かずにWiMAXのポケットWiFiに変えるだけで、格段に通信費を節約できます。

公式サイトはこちら

今回は、代表的な固定回線であるフレッツ光(光回線)と料金を比較してみました。

 固定回線(光回線:フレッツ光)WiMAX
集合住宅3,450円~4,450円1,380円~4,079円
一戸建て5,100円1,380円~4,079円

WiMAXの料金が格安であることが一目でわかります。

ひとつめの通信費節約術である格安SIMと併用することで、より料金を安くおさえることができ、おすすめです。

公式サイトはこちら

WiMAXとは?


WiMAXとは、UQコミュニケーションズが発売しているモバイルルーターのことです。

工事が必要な光回線とは異なり、工事が不要なので契約後すぐに利用できます。

WiMAXで契約をすると、自宅にルーターが送られてきます。

持ち運びが簡単にできるので、自宅でも外でも自由にインターネットを利用することができる仕組みです。

おすすめなWiMAXプロバイダ比較

WiMAXには、公式サイトのほか、数多くのプロバイダからサービスを提供しています。

どのプロバイダから契約をしても、通信回線などのサービスは変わりません。

大きく変わる点は、料金・キャッシュバックです。

「どのプロバイダを選べばいいかわからない」といった方に向けて、代表的なプロバイダの料金比較を行いました。

各プロバイダ会社月額料金キャッシュバック *
UQ コミュニケーションズ WiMAX2+3,696円~auスマホユーザー限定でスマホ料金月額最大1,000円割引
カシモWiMAX1,380円~端末代約20,000円相当が無料
GMOとくとくBB WiMAX2,170円~最大37,000円のキャッシュバックあり
Broad WiMAX2,726円~初期費用18,857円割引キャンペーンあり

*2019年9月現在。キャンペーン内容が変更している場合もあります。

最も料金が安く通信費を節約することができるWIMAXのプロバイダはカシモWiMAXです。

業界最安級の月額1,380円~契約できるという点が最大の魅力です。

通信費をできるだけ節約したいと考えている方は、カシモWiMAXで契約してみましょう。

カシモWiMAXの公式サイトはこちら

WiMAXがおすすめである3つの理由

ここまでWiMAXをおすすめする理由は主に3つあります。

  • 持ち運びが簡単にできる
  • 通信制限にかかりにくい
  • 通信速度が速い

光回線とは異なり、持ち運びを簡単にすることができるので移動中や旅行先でもインターネットを快適に利用できます。

また、WiMAXは3日間で通信量10GBを超えた場合のみ、通信制限がかかるしくみです。

3日で10GB利用することはほぼなく、WiMAX利用者で不便と感じている声はあまり見られません。

今回挙げた3つのおすすめ以外にも、理由はたくさんありますが、WiMAXの最大の特徴は格安な料金でインターネットをスムーズに利用することができるという点です。

  • 真衣   女性   25歳2019年06月10日


    DOCOMOの30ギガバイトのプランにしていたものの、月末の通信速度制限が不満に感じてこのWiMAXを使いました。もともと使っていたタブレットの端末をSIMフリーにしたところまでは良かったんですが、このWiMAXは設定が非常に難しく、ショップの人ですら苦戦していました。ショップを通さず、自分で設定しようとしている方は注意が必要です。

  • 特にWiMAXがおすすめな人

    ①通信費を節約したい
    ②一人暮らしである
    ③比較的外出・出張が多い

    特徴に該当しなくとも、WiMAXのポケットWiFiは通信費を格段に節約することができるのでどなたでもおすすめです。

    カシモWiMAXの公式サイトはこちら

    節約方法③三大キャリアのスマホ割を利用する

    今まで紹介した通信費節約に関しては、格安スマホとWiMAXのポケットWiFiを利用する方法でしたが、3つ目に紹介するのは三大キャリアのスマホ割です。

    格安スマホやWiMAXほど格段に通信費を節約することは難しいですが、「スマホのキャリア契約を変えたくない」という方にはおすすめな節約方法です。

    三大キャリアのスマホ契約をしている方は、スマホ割引が適応される固定回線とセットで契約することによって、月々のスマホ料金が割安になり、通信費を節約できます。

    docomoスマホユーザーの場合

    ドコモ光 ロゴ
    docomoのスマホを利用している方は、「ドコモ光」の固定回線がおすすめです。

    固定回線とスマホセットで、スマホの料金が毎月100円~3,500円、年間で1,200円~42,000円割引されるキャンペーンを行っています。

    また、最大20回線スマホ料金毎月1,000円割引キャンペーンも行っています。

    キャンペーンのより詳しい内容はドコモ光の公式サイトをチェックしてみてください。

    ドコモ光の公式サイトはこちら

    auスマホユーザーの場合


    auのスマホを利用している方は、「auひかり」の固定回線がおすすめです。

    固定回線とスマホセットで、スマホの料金が毎月500円~2,000円割引されるキャンペーンを行っています。

    キャンペーンのより詳しい内容はドコモ光の公式サイトをチェックしてみてください。

    auひかりの公式サイトはこちら

    ソフトバンクユーザーの場合

    フレッツ光 ロゴ
    ソフトバンクのスマホを利用している方は、「フレッツ光」の固定回線がおすすめです。

    固定回線とスマホセットで、スマホの料金が毎月500円~1,000円割引されるキャンペーンを行っています。

    キャンペーンのより詳しい内容はドコモ光の公式サイトをチェックしてみてください。

    フレッツ光の公式サイトはこちら

    節約方法④通話アプリで通話料を節約

    4つ目の通信費節約方法として紹介するのは、通話料の削減です。

    LINEやSkypeなどの無料通話アプリを利用することで、通話料を節約できます。

    格安スマホは10秒単位で料金が加算する場合が多いほか、かけ放題プランは平均して月額300円~が一般的です。

    無料アプリを存分に活用し、通信費を節約しましょう。

    節約方法⑤テザリングを利用する

    最後の通信費節約方法は、テザリングです。

    テザリングとは?

    テザリングとは、普段利用しているスマホの4G・3Gの通信網にスマホ以外の機器を接続することです。

    簡単に説明し直すと、スマホの通信量を他の機器にわけ与えてインターネットを利用するということです。

    よって、スマホが近くにあればどこでもインターネットに接続できます。

    テザリングの方法

    スマホでテザリングを利用する方法は簡単です。

    1. iPhoneの「設定」を開く
    2. 「インターネット共有」を開く
    3. インターネット共有をONにし、「WiFiのパスワード」を確認する
    4. 接続したい別の機器のWiFiページへ行き、該当するiPnoneをクリックする
    5. パスワードを入力しテザリング完了

    テザリングの注意点

    テザリングを利用するにあたって、注意すべき点は以下のとおりです。

    • 通信制限にかかることがある
    • スマホのバッテリーが消耗する
    • 接続が不安定になることもある

    スマホの通信量をわけ与えて他の機器でもインターネットを利用するという方法なので、スマホ自体が通信速度にかかってしまうという恐れがあります。

    しかし、短時間自宅でない他の場所でインターネットを利用したいという場合、わざわざポケットWiFiを契約せずに済むので、通信費節約に繋がります。

    また、テザリングをしている最中は常にスマホの通信量を利用していると同等なので、スマホのバッテリーに注意しましょう。
    さらに、常に安定した接続状態でないということも理解しておきましょう。

    1年間夫婦で約120,000円も通信費節約できる

    ここまで、5つの通信費節約方法を紹介してきました。

    これら5つをできるだけ併用すると、1年間夫婦で約120,000円もの通信費を節約できます。

     ネットスマホ1年間の料金
    節約前約3,600円/月約6,000円/月115,200円
    節約後1,380円/月約2,500円/月46,560円

    キャッシュバックを考慮せずにひとりあたりの平均的な料金で仮定し計算したため誤差は生じますが、格段に通信費を節約できるということが一目でわかります。

    手数料が必要になる節約方法もありますが、通信費の節約金額をみると初期投資として考えることができるのではないでしょうか。

    通信費を節約するときの注意点

    スマホ 注意

    通信費を節約する方法を実践する上で、注意すべき点があるので紹介します。

    契約期間内に解約や変更をする

    今回の記事で紹介した格安スマホやWiMAX、スマホとセット割引が適応される固定回線などは、それぞれ契約期間が存在します。

    契約期間中に解約しなければいけなくなった時、別途解約手数料がかかるのが一般的です。

    せっかく安い料金で契約をしはじめても、解約する際に解約手数料がかかってしまっては意味がありません。

    契約をする前に、契約期間の長さを利用予定と照らし合わせてみましょう。

    通信費節約のまとめ

    5つの通信費の節約方法はいかがでしたでしょうか。

    最後にもお伝えしますが、最もおすすめな通信費節約方法は「格安スマホ」と「WiMAX」の併用です。

    格段に通信費を節約するできます。

    おすすめな節約方法以外にも、今回の記事で紹介した5つの通信費節約方法をぜひ利用してみてください。